朝市野菜便(3/18)

 

 6日間の神奈川出張から戻ってきました。逗子・葉山で内容の異なる、いずれもはじめてのイベントをしたので、出発前はたいそう緊張していたのですが、終わってみるといずれの日も忘れ難い瞬間に満ちていて、すべてが終わったいま、ほっとすると同時に、夢見ていたような気持ちがします。


 まだ外国からの旅の手段が船だった頃、遠く英国から日本にやってきた故アンさんと次郎さんの住まいと、調度や食器をお借りしての朝食会をひらきました。高知から持ってきた食材でこしらえた、野菜のスープにサラダ、それから焼きたてのオムレツ。友人が作ってくれたうす甘いソーダブレッドとともに、はじめましてのひとびとがひとつの部屋に集ったのでした。わたしはお客さんの足にオムレツを落としてしまったり、自己紹介に40分(!)もかけてしまったり、予定調和とはほど遠い朝の時間でしたが、それでも初めての試みが祝福されたように感じられて、やはり朝の時間はすばらしい、と思ったのでした。

 

 2日目は、ちいさなセレクトブックショップでのバー。お昼にカレーをお出しして、それからワインとおつまみ、イタリア風だったりインド風だったりする軽食をご用意しました。つぎつぎにいらっしゃるお客さんとの「はじめまして」や「久しぶり!」、「まさか会えるなんて」。あまりに興奮してしまって普段は1−2杯、多くて3杯しか飲まないワインを、どんどん飲んだところ、すっかり酔ってしまい、酔ったのなんて、何年ぶりだろう、と新鮮な気持ちを味わいました。日が暮れて、片付けを終えて外にでて空を見上げたら、大きな満月に見下ろされていて、そうだ、今日は満月だったのだ、だからすべてのことが魔法じみていたのだ、と思ったのでした。


 3日目はサンドイッチのワークショップ。いちばん好きな食べ物がサンドイッチなので、まずはその熱い想いを30分で語りつくし、それから寿司屋のカウンターよろしくお客さんの目の前でサンドイッチをつくっては4等分してお皿にのせて、を繰り返し、気づけばいらした方のおなかは6種類のサンドイッチでいっぱいになっていました。まずは人参のラぺとフムス、たっぷりレタスのサンドイッチ、次はひじきとアーモンド、舞茸のマリネとポテトマサラ、つづいてパコラ(インドの揚げ物)とアチャール(インドの漬物)のサンドイッチ、オムレツとひよこ豆のカレーのサンドイッチ...と即興で作り続ける時間のその高揚感を言葉であらわすなら、きっと「いま、この瞬間」。これまでは「料理のひと」として細々と活動をつづけてきたのですが、これからは「おしゃべりとごはん」の気分で、場と人と、そこに流れるなにがしかのエネルギーと出会い続けたい、帰りの飛行機の中で、やぶれかぶれだった完璧な3日間を思い返しながら、そう思ったのでした。

 

*******

菜の花
グリーンリーフまたはサニーレタス
ベビーリーフ
紅苔菜(コウタイサイ)
人参 
葉にんにく
葉たまねぎ
文旦
黄金柑
小夏
八朔


 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
OTHER