季節の柑橘便のご案内〜みかん、文旦、レモン

完売御礼となった清澄さんの規格外みかんですが、何と、シーズンも終盤ということで、「規格品」から再度より分けられたみかんを入荷することができました!200キロ限定で最終のご案内となりますので、「最後にあのみかんをもう一度!」という方はこの機会にぜひお申込みください。併せて、同じ清澄さんの文旦、そして、レモンとマイヤーレモンもご案内いたします。いずれもほぼ無農薬(神経性農薬不使用)、防カビ剤・ワックス不使用、肥料は発酵鶏糞と油かすが主体です。

売り切れ次第終了とさせていただきます。お申し込みはlotusgranolaアットgmail.comまでメールにてお願いいたします。

A.みかん→完売となりました(1/31)。文旦、レモンはまだあります。
前回ご案内した規格外みかんとまったく同じ畑のものです。

5キロ(約60個)=1200円+送料 ※送料はいちばん下にまとめてあります。
10キロ(約120個)=2000円+送料

B.文旦
香りも、味も、食感も、なにもかもがすばらしい南国の果実、文旦。グレープフルーツの親にあたる柑橘で、高知の特産品です。とても大きい果物ですが、今回は規格外の小ぶりなものを手頃な価格でご案内いたします(大きさはグレープフルーツくらいです)。表面のきずの度合いは、みかんに比べるとずっときれいです。

小箱(6個/約1.8キロ)=1200円+送料
中箱(10〜13個/約4キロ)=2000円+送料
大箱(20〜25個/約7.5キロ)=3200円+送料

C.レモン/マイヤーレモン
同じく清澄さんの規格外レモンです。通常のレモンに加え、カリフォルニア・キュイジーヌで知名度があがったマイヤーレモンもご案内いたします。マイヤーレモンは、レモンとオレンジをかけ合わせた柑橘で、通常のレモンよりも酸味が穏やかで、皮も薄く、苦味が少ないため、塩レモンやはちみつレモンにも最適です。

レモンは、皮の表面にかなりきずがある物が多いため、皮の黄色い部分をお使いになりたい場合には不向きだと思います。マイヤーレモンは完熟の状態で、そのまま長期保存はできません。通常のレモンよりもいたみやすいので、お早めにお使いください。

レモンのみ(約20〜25個/2.7キロ前後)=2200円+送料
マイヤーレモンのみ(約20〜25個/2.7キロ前後)=2800円+送料
レモンとマイヤーレモンを半々で(計20〜25個/計2.7キロ前後)=2500円+送料

※送料は以下の通りとなります(今回より関東と東北の方の送料が少しお安くなります!)。2セット以上の同時発送は、プラス¥216〜の送料でお送りできますので(サイズ、地方によって異なります)、とてもお得です。

・レモン便(いずれも)、文旦小箱:
関東信越¥648、関西九州中部中国北陸¥540、四国¥432、東北¥864、沖縄¥1296、北海道¥1728
・みかん5キロ、文旦中箱:
関東信越¥864、関西九州中部中国北陸¥756、四国¥648、東北¥1080、沖縄¥1836、北海道¥1944
・みかん10キロ、文旦大箱:
関東信越¥1080、関西九州中部中国北陸¥972、四国¥864、東北¥1296、沖縄¥2376、北海道¥2160

無限に広がる、みかんの魅力!

みかんはそのまま食べるもの。長らくそう思っていました。清澄さんのみかんに出会ってからは、そのみずみずしさ、絶妙な甘みと酸味に、ますます「そのまま食べてこそ」という思いが強まっていました。

けれど、ある時、ふんだんにあるみかんを、いくつか剥いて、バイタミックスにかけてみたら…、そのありえないほどフレッシュな甘みに衝撃を覚えました。ジュースってこんなにおいしいのか!と。生でみかんを食べるのとは、またまったく違う魅力が最大限に味わえる気がしました。それから晩秋の我が家では、みかんのスムージー、さらに、みかんを青菜やしょうがと合わせたグリーンスムージーが定番になりました。

…ここまでが我が家の限界でした。

「みかんプロジェクト」をやってからというもの、みなさんから教えていただく「みかんの楽しみ方」の多彩さと言ったら!私たちも、すべてとは行きませんが、いろいろ真似させていただき、本当に世界が広がりました。趣向を変えて味わうことのたのしさ、そして、たくさんある果物を加工する愉しみ。果物の世界って、何と豊かなのだろうと、この冬は本当にたのしむことができました。いくつか、ピックアップしてご紹介します。

ヾ海靴澆ん
ドライフルーツを作る贅沢さには昔から憧れています。我が家のグラノーラも、残念ながら現状ではすべて海外から輸入されたオーガニックのものに頼っていますが、少しずつでもいいから、ローカルのもの、手作りのものにシフトしていきたい、と常々思っています。でも、日本って、なかなか「ドライフルーツ」にできそうな果物が身近には手に入りにくいのです。みかんじゃあまり美味しそうじゃないし…と思っていたのは間違いでした。今回北海道のA様に教えていただいた「干しみかん」、出色の味わいです。凝縮されたみかんの味わいは、こんなに濃くておいしいのかと驚きました。長期保存もできて、姿もうつくしく、とても使い勝手がよさそうです。

作り方は、皮ごと薄くスライスして、干すだけ。。。
IMG_2585.JPG

厚さは、4、5ミリ程度がよいようです。我が家にはディハイドレーターがないので、天日で2週間ほど乾かします。オーブンでも、100度で1時間ほどで乾かせるようですが、酵素を最大限に活かすには、49度以上にさらさない方がよいそうです。

IMG_2594.JPG
これは数日乾かした「セミドライ」の状態ですが、外はカチカチなのに、噛むとみずみずしい凝縮された果汁が感じられて、非常においしいです。最終的には全体がパリンと割れるくらいまで乾かすとよいそうです。

皮があまりに汚いみかんは、皮を剥いて、実の部分のみ乾かしてみました。姿はちぢれてしまって美しく乾きませんが、味わいはこちらも甲乙つけがたい美味しさです。どこか杏を感じさせるような濃い味わいで、こちらも重宝しそうです。

⊂討みかん
名前は聞いたことがありましたが、ついぞ見たことも試したこともありませんでした。トースターやストーブの上で、みかんを皮ごと、7〜10分ほど、焦げて熱々にやわらかくなるまで焼くだけ。試してびっくり。みかんの外皮が、何の違和感もなく食べられます。熱された中の果肉のおいしさ。そして、それを包む外皮が、不思議と消化を助けてくれるような、良いバランスです。みかん皮が身体にものすごくよいことは昔から有名ですが(地元の友人のひとりは「みかんは外皮ごと食べる。毎日食べれば、冬は風邪ひかない」のだそうです)、なるほどこうすると、無理なくおいしくみかん皮が食べられて、これは毎冬、健康のために毎日ひとつ食べたい食べ方です。

みかんジャム
すももやいちごのジャムは魅力的ですが、「みかんジャム」は…。作りたいと思ったことがありませんでした。けれど、そんなのもつまらない思い込みにすぎませんでした。作ってみたら、何という深い甘み。これは目指して作る価値のあるジャムです。糖分は20パーセント程度でも十分すぎるほどの甘み。仕上げに、清澄さんの蜂蜜(広大なみかん山の受粉のために飼われているミツバチから採った貴重な非加熱蜂蜜です)を、火を止めてから加えたら、何とも言えない良い香りのジャムになりました。

我が家は、皮のきれいなものは、皮ごとドライにしたり、陳皮にしたり、焼きみかんにしたりしたので、皮の汚いものの中身だけを使いましたが、皮を入れてマーマレードにしてもおいしいかもしれません。インターネットの英語ページを検索すると、欧米でも「タンジェリン(=みかん)のマーマレード」はよく作られているようで、いろいろ素敵なレシピがアップされていました。そういえば、パリのマルシェでも「タンジェリン」はよく売られてました。「みかん=和風」の方程式はまったくの思い込みなのです。

い澆んソース
クレープシュゼット風に、搾ったみかん汁に少し糖分を加えて鍋で温めたら、パンケーキやクレープにぴったりのおしゃれなソースに早変わりします。カラフルなオレンジ色にこどもも大喜び。

イ澆んのサラダ
薄くスライスしたみずみずしいみかんを、オリーブオイルのシンプルなサラダに入れると、さわやかで新鮮な味わいに。焼いたきのこを一緒に入れるのも美味です。

Ε曠奪肇錺ぅ
レモンではなく、みかん汁を加えると、ずっと落ち着きのある、あまやかな味わいに。なるほど!

Г澆ん風呂
食べたみかんの皮を、ただ単に乾燥させて、お風呂に入れます。とても薬効があるらしいです。まだ試せていません!(後悔しています)

┐澆ん皮のお茶
皮を乾かしたり、或いは生のままお茶にするとおいしいのだそう!まだ試せていません!

皮ごとジューサー!
我が家にはジューサーはありませんが、なるほど!みかんの栄養を最大限にいただけそうな方法です。教えてくださった方は、絞りかすもそのままお菓子作りに利用されたとか。すばらしいです!

このほか、「皮をたくあん作りに利用しました」とか、「皮をベーコンづくりのチップ代わりにします」とか、実に多彩な活用法を教えていただきました。お陰様で、来冬からは、山ほどのみかんとともに、思う存分冬をたのしめそうです。ほかにも、素敵な活用法をご存じの方、教えていただけたらうれしいです。

せっかくの「みかんの愉しみ方」、もっと早くアップすれば、たくさんの方々にお楽しみいただけたと思うのですが、結局今になってしまいました。お手元にみかんがなくなってしまった方、来冬をたのしみに待っていただけたらと思います。そして、いよいよ芳しい南国のフルーツ、文旦の季節です。清澄さんのすばらしい文旦を近日中にご紹介させていただく予定ですので、どうぞおたのしみに。

「みかんを救え!プロジェクト」、終了のご報告

「みかんを救え!プロジェクト」、お陰様で、スタートから4週間足らずで、1300キロのみかんが全国にめでたく飛び立ち、1月8日をもちまして終了となりました。

この間、のべ167人の方々がみかんをご購入くださいました。当初は「こんなみかん、売れんやろ…」とおっしゃっていた井上清澄さんも、目を丸くして喜んでおられました。みかんをご注文くださっただけでなく、本当にたくさんの方々から、「おいしかった」「すばらしかった」「応援しています」というお言葉まで寄せていただきました。いただいたメッセージは、まとめて清澄さんにもお渡ししました。その時、読みながら、「40年間やってきたことがようやく報われた…」と、感慨深げにつぶやいておられたのが印象的でした。

まったくの手さぐりで始めたプロジェクトでしたが、ご注文くださった方々がfacebookやtwitterで紹介してくださったことで、価値を前向きに受け止めていただけるたくさんのすばらしい方々とつながらせていただきました。多くの方が、単に「商品の注文と発送」という以上に、丁寧で心のこもった言葉をかけてくださり、私たちもたいへん励みになりました。

特に北海道、宮城、埼玉、東京、神奈川、京都では、熱い「みかんの輪」を広げていただき、驚くほどたくさんのご注文をいただきました。熱心にご紹介くださった「立役者」の方々、そして私たちが気づいていないところでも、周囲に広めてくださった方がたくさんおられるかと思います。本当にありがとうございました。

不慣れのため、残数の見通しがうまく立てられず、何の予告もないままに「本日終了です」となってしまい、まだまだプロジェクトを広めようとしてくださっていた方、追加注文したいと思ってくださっていた方には申し訳ありませんでした。ほかにも、不行き届きな部分があったかと思います。お気づきの点はどうかご遠慮なくお知らせください。

できればぜひ来冬も、清澄さんの「おいしいきずみかん」をお届けできたらと思っております。また、清澄さんは、みかん以外にも、10種類以上の柑橘をすべてほぼ無農薬(神経性農薬不使用)、肥料は発酵鶏糞と油かすを主として、育てられています。文旦、甘夏、小夏、ネーブル、ブシュカン、直七、レモン、福原オレンジ等々、個性豊かな味を、私たちも現在進行形でたのしみつつ、発見しつつ、季節を追って、「規格外品」を中心に、たのしい企画便にしてご紹介させていただきたいと思っています。

清澄さんに「すばらしい育て方ですね」とお伝えした時に、「すばらしい育て方というもんじゃない、自然に近い育て方をするとこういう味になるき」とおっしゃった、その言葉を、最後にみなさんにお届けしたいとおもいます。

いただいたご縁と、みかんの輪に、心から感謝して。

※つづけて、皆様から教えていただいた、みかんの美味しい食べ方、アップします!

「みかんを救え!プロジェクト」、めでたく終了です

開始から3週間あまり。特段の広告も打たず、純粋にみなさまの口コミやfacebook等で全国に広めていただいた「みかんを救え!プロジェクト」。年明けからもたくさんの注文をいただき、見事に1トン以上のみかんが各地に旅立っていきました。昨日今日もたくさんの注文をいただき、本プロジェクト、めでたく終了とさせていただきます。

近日中に、きちんとしたご報告と、心からの感謝、そしてみかんのおいしい食べ方など、アップさせていただきたいと思います。

みなさまが広めてくださった「みかんの輪」、「信頼の輪」に心から感謝しつつ。

みかん便、好調です

先週ご案内した「みかんを救え!」プロジェクト。お陰様で、連日たくさんの方々からメールでご注文をいただき、開始から10日で、既に350kgを超えるみかんが幸せな旅路についています。去年は1トン以上が廃棄処分になったという「見かけの悪いみかん」。まだまだ先は長いですが、賛同してくださる方々の応援を受けて、どこまで救出できるか、引き続きせっせと発送していきたいと思います。年末年始も休まず発送していきますので、お正月のみかんが足りない!という方は、ぜひ今からでもご注文いただければと思います。→お陰様で、めでたく終了しました(1月8日)。

ここで、「見かけの悪いみかん」の真実について少し。

実はこれまで、私たちも、「見かけは悪いけれど、味はまったく問題ないみかん」と思っていました。皆さんにも、「きれいではありませんが、十分においしいので、ご理解ください」というスタンスでご案内していました。

それが実は間違っていたことが分かりました!

「見かけの悪いみかん」は、「きれいなみかんと同じくらいおいしい」のではなく、どうやら、「きれいなみかんよりもおいしい」らしいのです。

「見かけが悪いのは、厳しい気候や虫や病気と闘って打ち勝った証拠。そういうみかんは、やっぱり生命力が増すんじゃろか。きれいなみかんよりもおいしゅうなる気がする。わしらの経験論じゃが」とは井上清澄さんの弁。今はちょうど文旦の収穫の時期ですが、収穫した文旦の実をペチペチたたきながら、「こうして叩くと、実がびっくりして、元気が出て、どんどん甘くなるき」とにこにこされたのには概念を覆される思いでした。

たしかに、ちょっとたじろぐような黒ずんだ皮のみかんは、食べてみると、驚くほどみずみずしく、絶妙な酸味と甘さを湛えていたりします。これは、どうやら、「たまたま」ではなく、「必然」らしいのです。もしそうだとすれば、「見かけが悪いみかんこそ価値がある」のであって、「見かけのよいみかん」こそディスカウントした方がよいのかもしれませんね。そんな想像をすると、何だか新鮮な気持ちになります。

サイズについても、通常はあまりに小さいものは出荷からはねられます。井上さんご夫妻も、「あまり小さいのは除けといて」とおっしゃってくださるのですが、実際にいろいろなサイズのみかんを食べていると、好みもあるとは思いますが、小さいものほど、味がぎゅっと凝縮されて美味しい気がします。そう言うと、井上さんご夫妻も、「そりゃそうです。小さい方がおいしいです」と。

「よりおいしい」ものが、マーケット上では価値が劣るものとして出荷さえされないというのは、何だかとても不思議な世の中だな、と思います。

井上さんのみかん、送り状にも書いていますが、日にちが経つと、皮がどんどん硬くなり、さらに見かけが悪くなって、果肉にへばりついた皮は剥くのも一苦労という、いかにもワイルドな状況になっていきます。しかし、これも単に「古びた」のではなく、むしろおいしさは増していることが多いのです。皮が乾燥してくると、中の実はどんどん味が濃くなってくるようです。これは私たちも体感済みで、今では、皮がどうしようもなく硬くなったものをわざわざ選びながら食べていますが、おいしいです。

そんな「おいしさの真実」を考えると、一般に出回っている傷ひとつないピカピカのみかんが、少し違った見え方で見えてきます。今回ご購入いただいたお客様の中で、「この見かけがたまらなく好き!おいしそう!」と言ってくださった方がいて、目から鱗が落ちる思いでしたが、まさに、ある意味、「見かけの悪いみかん」こそが「本当のみかん」なのであり、「よりおいしいみかん」なのであり、「私たちが欲しいみかん」なのかもしれません。

これからは、そんな気持ちも込めて、市場にほとんど出回らない小粒のもの、黒ずんだもの、皮が硬くなったものこそ、「いちばんおいしい貴重なみかんなんですよ」というくらいの気持ちで送り出していけたらと思っています。引き続きよろしくお願いいたします。

みかんを救え!プロジェクト

※お陰様でめでたく終了しました(1/8)。終了のご報告はこちら

40年間ほぼ無農薬でみかんを作り続けている、土佐市の井上清澄さんの果樹園では、まぶしい光をたっぷりと浴びたみかんが力強く育っています。

一方、自然に近い育て方をすると、見た目がかなりワイルドだったり、皮が硬かったりするものが多く収穫され、そのほとんどが人の口にはいらず、せつない運命をたどります。うんと手間をかけて世話をされた、味はとびきりの、そんなみかんをおいしくサポートしていただける方を募集します。

IMG_2468.JPG


みかん50個+自家製クラシックグラノーラ  ¥1500(税込)+送料

・随時発送いたします/売り切れ次第終了となります
・お友達と一緒に2セットのご注文もおすすめです。
  →¥1500×2+送料1箱分+¥216
・みかんのみのご注文も大歓迎です!
  →5kg箱[約60個) ¥1200, 10kg箱(約120個)¥2000 +送料


<お申込み方法>
,名前、△届け先の郵便番号とご住所、お電話番号、い幹望のお受け取り日時(時間指定なし/午前中/12時〜14時/14〜16時/16〜18時/18〜20時/20〜21時)を明記の上、lotusgranolaアットgmail.com(アットを@に変えてください)までお申込みください。
※関東は翌日14時以降の指定となります。東北以北、沖縄は翌々日の到着となります。

<お支払方法>
ゆうちょ銀行の振込口座を同封いたしますので、商品到着後10日以内にお振込みください。

<送料について>
みかん+グラノーラ/みかん5kg箱
 関東¥972、関西中部九州¥756、四国中国¥648、信越北陸¥864、東北¥1188、沖縄¥1836、北海道¥1944
みかん10kg箱
 関東¥1188、関西中部九州¥972、四国中国¥756、信越北陸¥1080、東北¥1404、沖縄¥2376、北海道¥2160

 

<<new | 2 / 2pages | old>>
 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
SEARCH
OTHER